BLOG

フェアトレードコーヒーを現地で広めた中村隆市氏と伊藤淳子さんのお話

こんにちは、代表の緒方です。

突然ですが、「フェアトレードコーヒー」を知っていますか。
フェアトレードコーヒーとは、フェアな取引によって(フェアトレード)生産されたコーヒーのことをいいます。
コーヒーは植民地時代の影響で途上国で主に生産される農産物の1つですが、生産国の人が安賃金で働かされているのを食い止めようと、フェアトレードという考え方が生まれました。
フェアトレードコーヒーは「最低価格」が定められています。国際市場価格がどんなに下落しても、輸入業者はこの最低価格以上を生産者組合に保証しなければいけません。
(フェアトレードコーヒーについての詳細はこちら)

フェアトレードコーヒーは、今では身近な存在になりつつあり、スーパーでも見かけるようになりました。
そんなフェアトレードコーヒーを作るために、ずっと前から奮闘してきた日本人がいます。
産地から見る コーヒーの『今』 – 東ティモール、南米 有機栽培コーヒーの事例に参加してきましたので、その様子をご報告したいと思います。

【イベント情報概要】
日時:6月29日
主催者:特定非営利活動法人パルシック(PARCIC)
(イベント詳細はこちらのパルシック公式ページをご覧ください。)

 

今回のスピーカーは、

のおふたりでした。

 

まず中村さんのお話

実は緒方は、就職活動中に株式会社ウィンドファームさんに連絡をしたことがあり、また中村さんの本スロービジネス (ナマケモノブックス (02)を読んだり、中村さんとFacebookに友達申請をしたりと、中村さんの情報を追いかけていましたので、今回中村さんに直接お会いできるのを楽しみにしておりました。

中村さんが有機農業をやるきっかけになったのは、昭和31年5月1日に熊本県水俣市にて公式発見された工場排水による水俣病が広まったことによるそうです。さらにチェルノブイリ原発事故、放射能汚染物質の食べ物は輸入規制がかかり、途上国にそれらが援助食糧として送られていたことを知り、途上国に有機農業を広めたいと思ったそうです。有機農業で扱う農作物としては、果物だと腐ったりしてしまうのでコーヒーを栽培することにしました。当時中村さんが無農薬で作る重要さを伝えても、現地では理解してくれる人がほとんどいなく、唯一カルロスさんという方だけが話を聞きつけて会いに来てくれたそうです。それ以来カルロスさんと中村さんは、一緒にコーヒーを栽培するようになりました。カルロスさんは、実際に飲んだ人から届く感想が書かれた手紙を読んで喜んでいたそうです。

中村さんのお話しが終わり、Ethical-Giftのサービスについても説明したところすぐに商品写真の掲載についてOKをいただけました。直接LIMONEの会社名刺を渡せたときは、感慨深かったです。

次に伊藤さんのお話

伊藤さんは特定非営利活動法人パルシック 東ティモール事務所代表で、17年ほど前から東ティモールにいるそうです。東ティモールでは、昔の植民地の名残で約40%がコーヒー畑、人口の3分の1がコーヒー農家だそうです。
現在は天然資源(石油、ガス)が経済を潤しているが、いずれ枯渇することが予想されることから、経済の多角化が必要とのことでした。
それもそのはず、全世界のコーヒーのうち東ティモールのコーヒーは0.3%にしかなからないそうです。
しかも輸出量には上下動があり、コーヒー木の老朽化や、植え替えをしていないことが要因で、若い世代が困っている状況だそうです。

東ティモールコーヒー協会が昨年発足され、パルシックは役員を務めているそうです。
パルシックのこだわりは、組合としてやっていること(なんと600世帯を組合として管理)。
買い取りは、品質ごとにわけて買い取り。品質が低いものを売るのが大変だそうです。
現地の人たちの収入についての推移をみると、フェアトレードコーヒーとして生産者の生活を支えることにあまりなっていないそうですが、組合員は増えています。理由はコーヒー買取価格は他よりも高く設定していることや、組合として使えるお金があることがモチベーションアップにつながっているからだそうです。
今後の課題は、若者を魅力的だと思う仕事として育成することだそうです。

 

中村さんも伊藤さんも、最初は現地のことを詳しくない状況でとにかく前に前に進んでいかれたそうです。
ただならぬパワーをお持ちの方々に敬意を感じました。

コーヒーは有機栽培されているフェアトレードコーヒーがおすすめ

コーヒー農薬は浸透性が高いそうなので、通常コーヒー農園は子供が遊ぶのには適していない場所になってしまっているそうです。世界の小さな子供たちのために農薬不使用のコーヒーを購入してみてはいかがでしょうか。

・株式会社ウィンドファームのコーヒーの購入はこちら

・パルシックの商品の購入はこちら

  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP